「準惑星」はスジが悪い(個人の意見です)

 2006年にプラハで開催された国際天文学連合の総会で、冥王星が惑星から準惑星に格下げされたというのは知っている人も多いでしょう。今回はその経緯を含めて再考し、この「準惑星」という天体の定義が如何にスジの悪いものであるか …
続きを読む 「準惑星」はスジが悪い(個人の意見です)

ファイヤーボールなんて物理的にありえない

 魔法について考えてみるシリーズ第1弾です。まずは炎に関する魔法としてそれなりにメジャーな「ファイヤーボール」を取り上げてみます。これを実現できるのか? というのが今回のテーマです。  先ず大前提として、ラノベなどでよく …
続きを読む ファイヤーボールなんて物理的にありえない

テレパシーなんて無理だよ

 前回は脳移植の話をしたので、今回はそもそもコミュニケーションというのはものすごく難しいという話を。人間同士の言語の翻訳だってかなり難しいし、異星人と会話するなんてたぶん無理。 もうちょっと言うとテレパシーなんて更に輪を …
続きを読む テレパシーなんて無理だよ

動物に人間の脳は移植できるか

 魔法で動物に姿を変えられた登場人物。ファンタジー作品にはよく出てくる設定です。古くはグリム童話の「かえるの王さま」が有名ですが、もっと古くから伝わる世界各地の神話でも似たような話が出て来ます。神様も動物に化けるしね。  …
続きを読む 動物に人間の脳は移植できるか

地球にケンタウロスは存在しない

 前回はタコ型の火星人を考察しましたが、今回はファンタジーで出てくる生物が地球上の自然界には存在し得ない理由を説明します。特にケンタウロスとかペガサスあたりが対象になるかな。  さて、神話やファンタジー作品に出てくるケン …
続きを読む 地球にケンタウロスは存在しない

古典SFの火星人はタコではない

 火星人が地球に攻めてくるという内容で有名になったハーバート・ジョージ・ウェルズ(H.G.ウェルズ)の「宇宙戦争」という作品。ここで登場した火星人は大きな頭を持ち、手足がひょろひょろのタコのような姿で描かれていることで有 …
続きを読む 古典SFの火星人はタコではない

第62話 晩ご飯

相方と久しぶりに外食。旅行先で雰囲気の良いレストランに入り、注文をします。 メインが洋風と和風があり、相方は洋風、そして私は和風を注文。それだけでは足りないので、アボカドサーモンサラダやなどの一品物を3品ほど頼みます。 …
続きを読む 第62話 晩ご飯